風鈴トンネル高野線・極楽橋駅に登場

2019年06月28日 14時29分 ニュース, 交通, 社会

南海電鉄高野線の極楽橋駅から高野山に向かうケーブルカーの乗り場までの間にガラスの風鈴500個を吊した風鈴トンネルが今年もお目見えしました。

極楽橋駅の風鈴トンネルは南海電鉄が高野山に向かう参拝客らに夏の風情を楽しんでもらおうと設置している者で今年で7回目です。

風鈴は極楽橋駅の改札口からケーブルカーの乗車口かに向かう通路の天井におよそ25メートルにわたって吊り下げられ、短冊が風を受けて涼しげに揺れ動き、乗客らを出迎えています。

短冊には「字が上手になりますように」などと沿線の小学生や利用客らの願い事が書かれていて、2週間ごとに交換されます。

風鈴トンネルは9月4日まで設置されます。