JR紀勢線で架線にビニール、和歌山市で強風

2019年06月30日 14時22分 ニュース, 交通

和歌山市では、きょう(30日)、朝から風が強く、アメダスによりますと午前9時半前に和歌山で最大瞬間風速22・6メートルを観測、友ヶ島では、午前4時ごろ、20・8メートルの風が吹きました。

和歌山市のJR紀勢線、和歌山市・紀和(きわ)駅間では、昼前に、強風で飛ばされたとみられる農業用ビニールが架線に付着し、1時間あまりにわたって運転を見合わせ、付着物を撤去しました。これにより、和歌山市・和歌山間の上下あわせて4本の普通列車に、最大1時間あまりの遅れが出て、およそ300人に影響しました。