山陽道事故乗用車の男性は和歌山市の会社員と確認

2019年07月01日 18時32分 ニュース, 交通, 社会, 経済

きょう(1日)未明、広島県三原市の山陽道で乗用車と大型トラックが衝突するなどして2人が死亡した事故で警察は乗用車の男性は和歌山市の23歳の会社員と確認しました。

警察によりますと乗用車の男性は頭を強く打っていました。追突したトラックの67歳の運転手は、衝突後車外に出たところで別の乗用車にはねられた可能性が高いとみられています。