県警・次の警務部長に原子力規制委員会の荒谷氏

2019年07月02日 18時12分 ニュース, 社会

和歌山県警察本部は、野澤泰志(のざわ・やすし)警務部長41歳が警察庁長官官房付けに異動するのに伴い、後任に原子力規制委員会の荒谷誠之(あらたに・まさゆき)環境事務官49歳を充てる人事を発表しました。

新しい警務部長となる荒谷氏は大阪府出身で、同志社大学法学部を卒業した1993年、警察庁に入庁し、千葉県警察本部の公安第三課長や、長野県警察本部の警備第一課長、警察庁警備企画課の課長補佐などを歴任したのち、おととし(2017年)から、現職の原子力規制委員会・環境事務官を務めています。あわせて、原子力規制庁の長官官房核セキュリティ部門管理官補佐も務めています。

異動は今月8日に発令されます。