和歌山電鐵、消費税引き上げで運賃改定申請

2019年07月04日 17時54分 ニュース, 交通, 社会, 経済

今年秋に予定されている消費税の引き上げに伴い、和歌山電鐵は消費税の増税分を転嫁するため、運賃の改定をこのほど近畿運輸局に申請しました。

和歌山電鐵によりますと、普通運賃は大人の初乗りが190円、6キロまでの区間が250円のまま据え置かれますが7キロ以上の区間についてはそれぞれ10円の引き上げを申請しています。申請が認められますと、和歌山駅と貴志駅の間が10円上がって410円に、通勤定期が1か月14400円が14730円にそれぞれ改訂されることになります。