加太スタグラムキャンペーン始まる(写真付)

2019年07月06日 20時48分 ニュース, 交通

「加太さかな線」の愛称で親しまれ、観光列車「めでたいでんしゃ」を運行している南海電鉄加太線の沿線で撮影した写真を写真投稿アプリ「Instagram(インスタグラム)」に投稿する「加太スタグラムキャンペーン」がきょう(6日)から始まりました。

(提供:南海電鉄)

これは、南海電鉄が「加太さかな線夏キャンペーン」として去年に続いて実施するもので、「Instagram」で「加太スタグラム」のアカウントをフォローした上で、沿線で撮影した写真に「#(ハッシュタグ)加太スタグラム」をつけて投稿するようになっています。今年は、「めでたいうちわコース」と「ギャラリートレイン」コースの2つのコースが設定されています。

「めでたいうちわコース」は、東松江駅から加太駅までの7駅に設置されている「ご利益マーク」の写真を投稿するもので、加太駅で2駅分の投稿画面を呈示すると先着1000人に「めでたいうちわ」が、7駅分の投稿画面を呈示すると先着500人に「めでたいレジャーシート」が贈られます。

また、「ギャラリートレイン」コースは、加太線の沿線で撮影した、人・モノ・風景などの写真を投稿するもので、審査で選ばれた優秀作品32点は加太線をはじめ南海線、高野線を走る電車内の吊り広告として掲示されます。

写真の募集期間は、きょう(6日)から9月1日までで、応募方法など詳しいことは、キャンペーンの特設ホームページで確認できます。

ところで、キャンペーン期間中に、加太線の和歌山市駅・加太駅間が1日乗り放題となる「加太さかな線おさんぽきっぷ」が販売されます。価格は、大人が700円、こどもが350円で、沿線の一部の飲食店や土産物店、温泉などで乗車券を呈示すると、割引きなどの特典を受けることができるということです。