イオンモールでボーイスカウト全国防災キャラバン(写真付)

2019年07月07日 18時34分 ニュース, 防災

災害時に役立つ「防災」に関する知識やスキルをゲーム感覚で、体験しながら身につけてもらおうというイベント「全国防災キャラバン」がきょう(7日)、和歌山市のショッピングモールで行われ、買い物に訪れた親子らが足を止め、にぎわっていました。

イオンモール和歌山で開催の全国防災キャラバンのようす

イオンモール和歌山で開催の全国防災キャラバンのようす

これは、ボーイスカウト日本連盟とイオンモールが協働で、毎年、全国で開催しているもので、今年で4年目となります。

この日は、和歌山市中(なか)のイオンモール和歌山1階サークルコートで、ボースカウト和歌山連盟のメンバーおよそ50人が、幼稚園児から中学生までの子どもや、その親などに、ゲームを通じて、指導しました。

テント内に用意された多くのグッズの中から、災害時に持ち出すものを5つ選んで記憶し、書き出させるコーナーでは、参加者のほぼすべてが正しい選択をし、人命救助に役立つロープの結び方を学ぶコーナーでは、熱心に体験し、修得につとめていました。会場には和歌山地方気象台もブース出展しました。

ボーイスカウト和歌山連盟では、「身近にあるものが、命を助けることに活用できることを知ってほしい。こういった備えを日ごろからしてほしい」と話していました。