七夕で小暑、梅雨の中休み

2019年07月07日 18時24分 ニュース, 社会

梅雨の中休みで晴れ間が広がったところもあった七夕(たなばた)のきょう(7日)の和歌山県では、和歌山市や田辺市などで真夏日となるなど、各地で暑い一日となりました。

アメダスの観測で、きょうの最高気温は、和歌山市で30・9度を観測、3日連続で真夏日となったほか、日高川町川辺や田辺市栗栖川も30度を上回りました。

また、この日は、二十四節気の小暑(しょうしょ)で、暑さが本格的に始まるころとされ、暦通りとなりました。