仁坂知事と県議会議員の資産公開

2019年07月09日 19時16分 ニュース, 政治

和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事や県議会議員の資産や所得などをまとめた報告書が、和歌山県庁で公開されています。

これは政治倫理に関する資産公開条例に基づき、去年(2018年)1年間の所得や新たに取得した資産などが公開されているものです。

それによりますと、仁坂知事の所得は2024万2658円で、前の年よりおよそ22万円増えました。

内訳は、給与所得が1801万4212円、不動産賃貸収入が203万2034円、それに雑所得として、講演料と原稿料が19万6410円となっています。資産に関して、新たな土地や株式の取得はありませんでした。

仁坂知事の所得についての報告書は、県庁本館2階の情報公開コーナーで閲覧できます。

一方、和歌山県議会議員の去年1年間の所得や新たに取得した資産などをまとめた報告書も県議会事務局で公開されています。この間、議員だった42人の議員報酬などを合わせた平均所得はおよそ1223万円でした。

最も所得が高かったのは、和歌山市選出で自民党県議団の尾崎太郎(おざき・たろう)議員で、議員報酬と会社役員報酬を含めておよそ1878万円となっています。

県議会議員の資産等の報告書は、県庁北別館2階の県議会事務局・総務課で閲覧できます。