和歌山の逃走車?岬町で発見か

2019年07月11日 11時32分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

きのう(10日)和歌山市で警察官が職務質問しようとした車が逃走した事件で、逃げたとみられる乗用車が、きょう(11日)となりの大阪府岬町(みさきちょう)で発見され、警察が逃げた男を捜査しています。

この事件は、きのう午後7時ごろ、和歌山市次郎丸(じろまる)の駐車場で、盗難届が出ているナンバープレートを付けた車に乗り込もうとしていた男に、警察官が職務質問しようとしたところ、男が車を急発進させて逃げたものです。

その際、車は警察の捜査車両に衝突し、警察官3人が軽いケガをしました。

警察によりますと、けさ7時ごろ、岬町の住宅街の路上で、近くの住民がナンバープレートの付いていない不審な車を見つけ、110番通報しました。

この車は、運転席の窓ガラスが割れているなど、和歌山市から逃げた車と特徴が似ているということですが、車で逃げた男は見つかっておらず、警察が行方を捜査しています。