【高校野球】101回目の夏開幕 高校野球和歌山大会(写真付)

2019年07月12日 20時05分 スポーツ, ニュース, 高校野球

夏の甲子園出場をめざす第101回全国高校野球選手権和歌山大会が、きょう(7/12)、和歌山市の紀三井寺公園野球場で開幕しました。

きょう正午から開かれた開会式では、去年の大会を制した智辯和歌山高校を先頭に39校の野球部員が入場行進し、県立和歌山北高校野球部の原尻拓実(はらじり・たくみ)主将が選手宣誓しました。

入場行進する去年優勝の智辯和歌山の選手

この中で、原尻主将は、「私たちは、野球を通して、お互いに助け合い、励まし合い、人間形成をしていくこと、感謝の心の大切さなどを学び、日々、努力してきました。わが青春に悔いなしと言えるよう、高校球児の誇りを持って全力で頑張ることをここに誓います」と宣誓しました。

宣誓する原尻主将

第101回全国高校野球選手権和歌山大会は、順調に日程が進めば、今月28日に決勝戦が行われます。

和歌山放送ラジオでは、今年もすべての試合を紀三井寺公園野球場から実況生中継でお伝えするとともに、ホームページやツイッターで試合の様子を速報します。