【高校野球】開幕試合 新宮 5対4 和歌山工業

2019年07月12日 20時06分 スポーツ, ニュース, 高校野球

開会式後の開幕試合、新宮 対 和歌山工業は、 互いのエースによる投手戦で始まり、両チームともエラーのない引き締まった試合は、後半のシーソーゲームを制した新宮が、5対4で和歌山工業をくだして2回戦に進出しました。勝った新宮は、大会7日目の第1試合で田辺工業と対戦します。

新宮は、1回、3番・佐田のタームリーヒットで1点を先制しましたが、その後は、両チームのエースが要所を締めるピッチングで1対0のまま迎えた6回、和歌山工業は、3番・川嶋のタイムリーツーベースで同点に追いつき、7回には、9番・水軒のタイムリーヒットで1点追加して逆転に成功しました。

しかし、新宮は、8回に6番・代打、柳川(やながわ)の内野ゴロの間にランナーが生還して同点に追いつき、7番・下屋敷(しもやしき)のタイムリーヒットで再び逆転し、9回にも2点を追加して5対2とリードを広げました。

これに対し、和歌山工業は、9回裏に2点を返し、猛追しましたが、及ばず、新宮が、5対4で和歌山工業をくだして2回戦に進出しました。

新宮は、大会7日目の第1試合で田辺工業と対戦します。

あすは、第1試合が、田辺 対 慶風、第2試合が、那賀 対 県立和歌山、第3試合が、橋本 対 神島となっています。

和歌山放送では、あす午前8時51分から3試合の模様を、紀三井寺公園野球場から実況生中継でお伝えします。