警官3人負傷、車で逃げた男を指名手配、和歌山市

2019年07月14日 12時58分 ニュース, 事件・事故・裁判

和歌山市で警察官の職務質問を受けた男が、車を急発進させ、警察官3人がケガをした事件で、和歌山県警察本部はきのう(13日)、32歳の男を公務執行妨害と傷害の疑いで全国に指名手配しました。

指名手配されたのは、住所、職業不詳の朴悠也(ぱく・ゆうや)容疑者32歳で、身長は165センチから170センチ、事件発生当時は、黒く短い髪で眼鏡を掛けていました。

この事件は、今月(7月)10日夜、和歌山市次郎丸(じろまる)の駐車場で、盗難届が出ているナンバープレートを付けた乗用車を見つけた警察官が、職務質問をしようとしたところ、男が車を急発進させ、警察官3人がケガをしたものです。この車は、翌日(11日)午前、大阪・岬町の住宅街の路上で見つかりました。警察によりますと、急発進した車は、去年(2018年)12月に横浜市で盗まれていました。付いていた大阪のナンバープレートも盗まれたもので、先月(6月)下旬、盗難届が出されていました。