智辯和歌山、南部、市立和歌山、3回戦へ 高校野球大会6日目

2019年07月17日 19時19分 スポーツ, ニュース, 高校野球

和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われている第101回全国高校野球選手権和歌山大会は大会6日目のきょう(7/17)、2回戦3試合が行われ、智辯和歌山、南部、市立(しりつ)和歌山が勝って3回戦に進みました。

第1試合の和歌山南陵 対 智辯和歌山は、シード校の智辯和歌山が、和歌山南陵に得点を許さず、4対0で完封勝ちし、3回戦進出を決めました。

試合は、0対0で迎えた4回裏、智辯和歌山は、ノーアウト1・2塁で6番・東妻(あづま)がタイムリースリーベースを放って2点を先制し、7回には、1アウト2・3塁から2番・細川の犠牲フライで1点を追加、8回にも、再び6番・東妻(あづま)のタイムリーツーベースで1点を追加し、4対0とリードを拡げました。一方の和歌山南陵は、先発の岩谷が4失点にとどめましたが、打線は、得点圏にランナーを送るものの、智辯和歌山の先発、池田陽佑(ようすけ)の力のあるストレートを打ち崩せず、結局4対0で去年の優勝校・智辯和歌山が、和歌山南陵に完封勝ちし、3回戦進出を決めました。

勝った智辯和歌山は、大会11日目の第1試合で高野山と粉河の勝者と対戦します。

続く第2試合の南部 対 新翔は、南部が新翔を6対1で破り、紀南勢同士の対戦を制して3回戦に進出しました。

試合は1回、新翔の3番・宮本が、大会第8号となるソロホームランを放って1点を先制しました。一方の南部は、2回、6番・周家(しゅうけ)のタイムリーヒットで同点に追いつき、続く3回にも1番・湯川のタイムリーツーベースなどで一気に4点をとって勝ち越し、5回にも1点とって6対1とリードしました。新翔は、6対1で迎えた9回、ノーアウト1・2塁のチャンスをつくりますが、あと一本がでず、1回のホームラン以外、新翔に得点を許さなかった南部が、6対1で新翔をくだして3回戦進出を決めました。

勝った南部は、大会11日目の第2試合で近大新宮と和歌山商業の勝者と対戦します。

第3試合の市立和歌山 対 日高中津は、今年のセンバツベスト8でシード校の市立和歌山が、日高中津に5対2で逆転勝ちし、3回戦進出を決めました。

試合は2回、日高中津が、7番・菅原(すがはら)のタイムリーヒットで1点を先制し、5回にも1点をとって2対0とリードしました。一方の市立和歌山は、5回、2アウト1・2塁のチャンスで3番・緒方がタイムリーヒットを放ち、2対1と迫ると、終盤の7回、1アウト1・3塁から3番・緒方の、大会第9号となるスリーランホームランで4対2と逆転し、さらに5番・山田佳吾(けいご)もホームランを放って5対2とリードを拡げました。結局、この2本のホームランで試合の流れを引き寄せた、シード校の市立和歌山が、5対2で日高中津に逆転勝ちし、3回戦進出を決めました。

勝った市立和歌山は、大会11日目の第3試合で向陽と和歌山東の勝者と対戦します。

あすは、第1試合が、田辺工業 対 新宮、第2試合が、紀央館 対 田辺、第3試合が、和歌山北 対 那賀の予定で、和歌山放送では、あすも午前8時51分から実況生中継で熱戦の模様をお伝えします。