スケボー・パーク女子、五輪予選対象大会で四十住さくら2位

2019年07月20日 14時56分 スポーツ, ニュース

来年(2020年)の東京オリンピックではじめて採用されるスケートボード・パークのオリンピック予選対象大会第2戦、国際オープンが、19日、中国で行われ、女子の部で和歌山県立伊都中央高校の四十住(よそずみ)さくらが2位に入りました。

優勝は、13歳の岡本碧優(おかもと・みすぐ)で50・00点、2位の四十住が45・58点、3位は中村貴咲(なかむら・きさ)で43・87点と、日本勢が表彰台を独占しました。

9月には、オリンピック予選対象大会第3戦となる世界選手権がブラジルで行われ、上位3選手がオリンピックへの出場権を得ます。