那賀高校生が地元の小学生を対象に学習支援

2019年07月23日 10時07分 ニュース, 社会

岩出市にある県立那賀高校の生徒が地元の小学校を訪問し、児童の学習を支援する取組みがきのう(22日)から行われています。

那賀高校では、希望する生徒が地域の小学校を訪問し、夏休みの補充授業を受けている子どもの学習を手伝うことで自らの学びについて考えるきっかけにしてもらおうと4年前から毎年行っています。

今年度もきのう(22日)からこの取組みが始まり、希望する1年から3年までの56人の生徒が、市内の小学校に別れて訪問し、担当教諭とともに小学生の学習指導の手伝いを始めました。児童や地域の人から毎年好評で那賀高校ではこうした取組みを通してわかることや教えることの難しさを学び、自らの学習に対する意識を高めてもらえればと生徒の活躍に期待を寄せています。