島精機第1四半期決算、減収減益

2019年07月31日 17時41分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市に本社のある自動横編み機メーカーの島精機製作所はきょう(31日)今年4月から6月末までの第1四半期の決算概要を発表しました。

島精機によりますと今期は中国やトルコ、バングラデシュなど海外での主力機械の販売が不況の影響で大幅に落ち込み、売上高で83億円と昨年の同じ時期に比べ50パーセント余り減少し、営業利益も8億7千万円の赤字を計上しました。

また通期の業績予想については、変更はないとしています。今回の措置を受け、島精機では来年3月まで役員報酬を一部カットをします。