政務活動調査費を不正受給で元和歌山市議を書類送検

2019年07月31日 17時51分 ニュース, 政治, 社会

妻のバイクのガソリン代を政務活動調査費から不正に支出したとして、和歌山西警察署はきょう(31日)までに詐欺などの疑いで79歳の元和歌山市議を書類送検しました。

元市議は、2017年までの2年間に複数回にわたり妻のガソリン代を政務活動の収支報告書に記載し、およそ1000円を不正受給した疑いがもたれています。政務活動費としてガソリン代は請求できますが市議会議員本人に限られるということです。元市議は2013年から17年度の政務活動調査費を返納しています。