和歌山県の最低賃金830円に引き上げを答申

2019年08月05日 19時08分 ニュース, 社会, 経済

和歌山地方最低賃金審議会は、先月労働局長からの改訂の諮問を受け審査した結果昨年度より27円アップして現在の時給803円から時給830円とする答申を行いました。

中央最低賃金審議会から示された目安に沿って審議されたもので、和歌山県では7年連続10円以上のアップで、27円の引き上げは、2002年以来です。和歌山労働局では、今後答申の内容について異議申し立てなどの手続きを経て県の最低賃金が改定されることになります。