松源岩出センターの竣工式(写真・動画付)

2019年08月05日 19時10分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市を拠点にスーパーマーケットを展開する株式会社松源(まつげん)の新しい物流センターが、岩出市根来(ねごろ)に完成し、きょう(5日)関係者を招いて竣工式が開かれました。

テープカットのもよう(8月5日・岩出市根来)

松源岩出センターは、京奈和(けいなわ)自動車道・岩出根来インターチェンジ近くの高台にあり、敷地面積が2万8500平方メートル、延べ床面積が1万2300平方メートルの、物流センターと食品加工工場を兼ね備えた施設です。

松源岩出センターの建物

松源では、岩出センターが稼働することによって、紀の川筋や大阪府南部、奈良県などの店舗により迅速な商品の配送が可能になるほか、弁当や惣菜などの大量生産を行うことで、既存の店舗の作業スペースのスリム化や効率化を期待しています。

式辞を述べる松源の桑原社長

きょう午後、関係者およそ250人が出席して開かれた竣工式で、松源の桑原太郎(くわはら・たろう)社長は「現在、松源の店舗数は40店だが、センターの稼働で60店に増やすことが出来る。しかしこのままでは満足せず、岩出センターも許容量一杯にまで増やし、また次の一手を打てるよう社員一丸となってお客様と地域に密着する日本一のスーパーにしたい」と意気込みを語りました。

松源の新しいロゴマーク

また桑原社長は、来年(2020年)松源が創業60年を迎えることから、ロゴデザインをこれまでの漢字一文字の「源」から、松源の頭文字を表すアルファベットの「MTG」と、長寿の亀甲(きっこう)をあらわす六角形とを組み合わせた新しいものにすることも明らかにしました。