【台風10号】15日ごろ西日本へ接近か

2019年08月11日 13時19分 ニュース, 防災

大型で強い台風10号は、日本の南の海上を今後、ゆっくりと北上し、今月(8月)15日ごろ、西日本に接近し、上陸するおそれがあります。和歌山県の沿岸などでは、すでに波がやや高く、うねりもみられますが、あす(12日)の夜からは、大しけとなるとみられるとして、和歌山地方気象台が警戒を呼びかけています。

大型で強い台風10号は、きょう正午には、小笠原諸島の父島の南南西およそ460キロの海上にあって、ほとんど停滞しています。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

台風は今後、発達しながら、あすにかけて、北西に進み、その後、進路を北寄りに変えながら北上し、強い勢力で、今月15日ごろには西日本に接近、上陸するおそれがあり、お盆のUターンラッシュを直撃、大荒れになる可能性があります。沿岸海上の波やうねりとともに、気象庁などが警戒を呼びかけています。