【台風10号】JR和歌山支社・14日夜から運転見合わせの可能性

2019年08月13日 18時49分 ニュース, 交通, 防災

JR西日本・和歌山支社は、台風10号の接近に伴い、あす(14日)の夜から台風が最接近するあさって(15日)にかけて、紀勢線や和歌山線の運転を取りやめる可能性があるとして、利用者に注意を呼びかけています。

JRでは、台風10号があす(14日)以降、近畿地方に接近する予報を受け、和歌山県内の紀勢線と和歌山線に、運転見合わせや遅れが出るおそれがあるとしています。

さらに、あすの夜から、台風が最接近するあさってにかけて、特急くろしお号をはじめとする列車の運転を取りやめる可能性があるとしています。

バスなどの代行輸送は行われないため、JRでは利用者に今後の気象情報や運行情報に注意するよう呼びかけています。