【台風10号】超大型台風・和歌山県には15日最接近へ

2019年08月13日 18時53分 ニュース, 社会, 防災

超大型の台風10号は強い勢力を保ったまま北上していて、あさって(15日)の昼すぎから夕方にかけて和歌山県に最も接近する見込みです。和歌山地方気象台は、県内全域で大雨や暴風、波浪、高潮に厳重な警戒を呼びかけています。

台風10号は、きょう(13日)午後6時現在、鹿児島県の種子島(たねがしま)の南東およそ460キロにあって、1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風、中心から北側600キロ以内と南側1100キロ以内は15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は勢力を保ったまま北上を続け、和歌山県には、あさっての昼過ぎから夕方にかけて最も接近する見込みです。

台風から吹き込む南からの暖かく湿った空気が長時間にわたって流れ込むことから、県内ではこんや(13日)遅くから激しい雨が降り、16日にかけて大雨となる見込みで、とくに、南東側斜面にあたる新宮・東牟婁(しんぐう・ひがしむろ)地方では、降り始めからの総雨量が多いところで1000ミリを超えるおそれがあります。河川の浸水や洪水、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

台風の最接近に伴い、県内では15日の朝から 暴風への警戒も必要です。

海上は、南部の沿岸で既にうねりを伴った大しけとなっていて、15日には猛烈なしけとなる見込みです。北部の沿岸でもあす(14日)の夜はじめごろから、うねりを伴った大しけとなる見込みです。

海は大潮の期間で、台風の接近が満潮時に重なることから、高潮のおそれもあります。

和歌山地方気象台では、大雨や河川の浸水、洪水、土砂災害、波浪、高潮に厳重な警戒を呼びかけるとともに、今後の警報や注意報などの気象情報や、市町村が出す避難情報に十分注意し、雨や風が強まる前に早めの安全確保をするよう呼びかけています。