【台風10号】県内のJR15日運転見合わせ相次ぐ

2019年08月14日 20時36分 ニュース, 交通, 社会

台風10号の影響で県内のJRは、あす(15日)JR紀勢線の特急くろしおの大半の列車が運転を見合わせるほか、普通列車でも始発から運転見合わせの区間があるなど影響が出ています。

JR西日本和歌山支社によりますと、紀勢線を走る特急くろしおは、紀南方面から大阪方面に向かう3本の列車を除いて終日全面運転を取り止めます。

また普通列車も紀伊田辺駅と新宮駅の間であす(15日)終日運転を取り止めます。和歌山駅と紀伊田辺駅間でも上り列車が和歌山駅を7時51分に発車する湯浅駅行きを最後に運転を終日取り止めるほか、下り列車も紀伊田辺駅午前8時16分発、御坊駅行きの列車を最後に終日運転を取り止めます。

また和歌山駅と和歌山市駅間の列車も和歌山駅午前8時35分発、和歌山市駅発午前8時51分発の列車から運転を取り止めます。

またJR和歌山線は、あす(15日)早朝など一部の列車を除いて終日運転を取り止めます。

JR阪和線は、あす(15日)午後2時から和歌山駅と日根野駅間で運転を取り止めることにしています。

JR西日本和歌山支社では、今後の台風の進路によって運行計画を変更することもあるとして最新の運行情報を確認する要注意を呼びかけています。