【台風10号】県内の交通にも影響(15日午前10時半現在)

2019年08月15日 10時41分 ニュース, 交通, 社会, 防災

台風10号の影響で県内の交通機関は運転を取り止めたり本数を減らして運転するなど影響が出ています。

JR西日本によりますとJR紀勢線は普通列車が和歌山駅と新宮駅の間、和歌山駅と和歌山市駅間できょう(15日)すべての運転を取り止めました。特急くろしおは朝の一部列車を除いてきょう(15日)の全ての運転を取り止めました。

JR東海が運転する新宮駅と多気駅の間では新宮駅発午前10時52分発、多気駅発9時43分の列車を最後にきょう(15日)の運転を取り止めます。

このほかJR阪和線は、きょう(15日)午後2時頃の列車を最後に運転を取り止めます。

JR和歌山線も和歌山駅と五条駅の間で一部の列車を除いて運転を取り止めます。

南紀白浜空港と東京の羽田を結ぶ空の便はきょう(15日)すべて欠航します。

和歌山港と徳島港を結ぶ南海フェリーもきょう(15日)すべての運航を取り止めます。あす(16日)の運航についてはきょう(15日)午後決定します。

南海電鉄はきょう(15日)午後の列車から高野線のこうや号や天空号の運転を取り止めるほか、難波と関西空港間を結んでいる特急ラピートの運転についてもきょう(15日)午後以降きょう(15日)の運転を取り止めます。