【台風10号】避難発令情報(午後11時現在)

2019年08月15日 23時24分 ニュース, 社会, 防災

台風10号の影響で和歌山県内のほとんどの市町村に避難指示などの避難発令情報が出されています。

きょう(8/15)午後7時以降に出された避難発令情報は、5段階の警戒レベルのうち、ただちに避難する必要のある、レベル4にあたる避難指示が、田辺市城ノ浦(しろのうら)地区の一部、12世帯26人です。

避難指示と同じレベル4の避難勧告が出された対象地域は、白浜町の日置川流域の1610世帯2979人、印南町の切目川流域の1013世帯2535人、印南町古井地区の1世帯2人、古座川町の直見と中崎地区の62世帯127人、有田市の山田原の一部、3世帯10人です。

このほか、避難指示が出されている対象は、古座川町平井(ひらい)地区の一部、3世帯5人、熊野川・中流域の新宮市熊野川町の田長(たなご)、能城山本(のきやまもと)、日足(ひたり)、志古(しこ)、宮井(みやい)、相須(あいす)、東敷屋(ひがししきや)、西敷屋(にししきや)のあわせて419世帯819人です。

また、避難勧告は、田辺市全域の3万5307世帯7万3562人、熊野川中流域を除く新宮市熊野川町全域の778世帯1305人、橋本市の紀陽・七福団地の158世帯429人、上富田町全域の7146世帯1万5557人、白浜町の富田川の流域、2125世帯4589人が対象です。

また避難準備の情報が出されている地域は、海南市、御坊市、紀美野町、かつらぎ町、高野町、湯浅町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、みなべ町、日高川町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、串本町の全域と、橋本市、有田市、新宮市、印南町、白浜町、古座川町のうち、一部の地域を除いた全域となっています。

避難準備の情報は、5段階の警戒レベルのうち、レベル3にあたる情報で、高齢者や体の不自由な人が避難を始める必要があります。