紀南方面からのUターンラッシュ続く

2019年08月18日 17時47分 ニュース, 交通, 社会

お盆休みをふるさとや観光地で過ごした人のUターンラッシュがきょう(18日)も続いていて、県内の道路やJR紀勢線の特急も混雑しました。

県警交通管制センターによりますと、県内の道路は午前中、和歌山方面から紀南方面に向かう車で阪和道や湯浅御坊道路は事故の影響もあり混雑し、最大14キロの渋滞になりました。紀南方面からの帰りの車で午後から混雑し始め、午後5時過ぎには川辺第一トンネルを先頭に11キロの渋滞になりました。当初の県警交通管制センターの予想より渋滞は短くなっています。

またJR西日本によりますと午後5時現在、JR紀勢線の特急くろしおは、白浜駅発新大阪駅行きのくろしお14号は和歌山駅を発車した時点で自由席の乗車率が140パーセントになったほか新宮駅発新大阪駅行きのくろしお24号も120パーセントの混雑でした。