和東署、特殊詐欺事件で現金100万円を引き出した18歳の少年を逮捕

2019年09月03日 18時47分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

家電量販店の従業員や警察官を装った特殊詐欺事件で和歌山東警察署が逮捕した18歳の少年が岡山県内でも高齢者のキャッシュカードを使って現金100万円を欺し取っていたことがわかり、きょう(3日)この少年を詐欺と窃盗の疑いで再逮捕しました。

捕まったのは、大阪府内に住む18歳の少年です。和歌山東警察署によりますと、この少年は今年7月10日家電量販店の従業員や警察官を名乗る電話でだまされた岡山県内に住む80代の女性宅を訪問し、キャッシュカードを騙し取り、岡山市内でATMを操作して現金100万円をだまし取った疑いが持たれています。

和歌山東警察署は別の特殊詐欺事件の捜査で調べていたこの少年が今回の事件に関わっていたことが分かり逮捕しました。