南海フェリー利用促進で県などが来月からキャンペーン

2019年09月04日 13時36分 ニュース, 交通, 社会, 経済

和歌山港と徳島港の間に就航している南海フェリーの利用を促進しようと、和歌山県や県観光連盟は南海フェリーと連携して今月(9月)1日から県産品などが当たるキャンペーンを行なっています。

これは8年前から毎年和み旅のキャンペーンとして行っているもので、和歌山と四国の徳島を結んでいる南海フェリーの利用を促進することで県内への観光客を呼び込もうとことし11月末まで行ないます。

キャンペーンは徳島港発の便に全長6メートル未満の乗用車で乗船した人に三角くじを引いてもらい、当選者に県産品や南海フェリーオリジナルグッズがプレゼントされます。

また今月(9月)14日から23日までの間に徳島港発の便に全長6メートル未満の乗用車で乗船した人のうち、小学生の乗船客を無料にします。

このほかフェイスブックの特設サイトに南海フェリーに関連する写真や動画を投稿してくれた人の中から抽選で毎月3人に県産品詰め合わせセットをプレゼントすることになっています。

県によりますと南海フェリーの利用者は減少傾向にありましたが、昨年は増加傾向に転じていて、県はこうしたキャンペーンを通して家族連れの利用にも力を入れていきたい考えです。