パトカーと軽乗用車衝突、1人ケガ、和歌山市

2019年09月08日 13時52分 ニュース, 事件・事故・裁判

昨夜(7日)遅く、和歌山市内の市道交差点で、パトカーと軽乗用車が衝突する事故があり、軽乗用車の女性1人がケガをしました。

きのう午後11時前、和歌山市楠右衛門小路(くすえもんしょうじ)の市道交差点で、緊急走行中のパトカーと、左側から右折するところだった軽乗用車が衝突しました。この事故で、軽乗用車を運転していた有田市千田(ちだ)の団体職員の26歳の女性が、頭を打ってケガをしました。ケガの程度は軽いとみられます。

和歌山東警察署によりますと、このパトカーは、署の地域課の24歳の男性巡査が運転し、25歳の男性巡査と28歳の男性巡査長が同乗、また、軽乗用車の助手席には、29歳の和歌山市の男性が乗っていましたが、いずれもケガはありませんでした。

警察で事故の原因などを詳しく調べていますが、パトカーは、けんかの110番通報を受け、現場に向かう途中で、赤色灯をつけ、サイレンを鳴らし、信号機のない現場の交差点を直進中だったということです。