和歌山県とNTTコミュニケーションズが連携協定(写真付)

2019年09月09日 19時19分 ニュース, 政治, 社会, 経済

データ利活用を推進している和歌山県は、通信大手のNTTコミュニケーションズが持つ「秘密計算」と呼ばれる最新技術を用いて、自治体や企業が持つ機密データを外部から見えない状態でやりとりする実証実験を行うことになり、きょう(9日)両者の間で連携協定を締結しました。

協定締結後の記念撮影(9月9日・和歌山県データ利活用推進センター)

県では、総務省統計局の一部機能移転に伴い、産学官が連携して自治体や企業、大学などが持つデータを活用して、南海和歌山市駅ビルにある県・データ利活用推進センターを拠点に、それぞれの研究や企業活動、政策の実施などに反映させる取組みを促進しています。ただ、企業側が第三者への漏(ろう)えいなどを理由にデータの提供があまり進んでいないことが課題となっていました。

NTTコミュニケーションズの秘密計算技術は、対象となるデータを複数のサーバーにバラバラに保存した状態で利用者が分析や解析が出来る仕組みで、外部からの操作ではバラバラになったデータを復元することが一切出来ないため、従来の暗号化技術よりも解読される危険性が低く、データの安全確保に有効とされています。

協定書への調印

きょう午後、県・データ利活用推進センターで、県の田嶋久嗣(たじま・ひさつぐ)企画部長とNTTコミュニケーションズの江村俊英(えむら・としひで)西日本営業本部長が連携協定書に調印しました。

NTTコミュニケーションズと自治体の協定は、これが初めてです。協定の締結を受け、県では企業からのデータ提供が進むものと期待しています。