南海スチール、和歌山市企業立地促進奨励金指定企業に認定

2019年09月10日 18時56分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市は、市内に本社のある住宅用の鉄筋などを手がける南海スチールを和歌山市の企業立地促進奨励金制度の指定企業にすることを決め、きょう(10日)指定書を交付しました。

南海スチールは和歌山市雑賀崎に本社があり住宅用の基礎の鉄筋や河川護岸枠など土木鉄筋などを製造してる会社です。

今回、来年4月の供用開始を目指して雑賀崎地区に第3工場を建設することになり、市は新規立地企業や新たに事業を拡大する企業で一定条件を満たした企業に指定している奨励金制度の対象企業に指定しました。

指定書の交付式はきょう(10日)和歌山市役所で行われ、南海スチールの中野一宏社長に尾花正啓市長から指定書が手渡されました。

尾花市長は「大手住宅メーカーからの受注を受けるなど発展している企業なので今後もさらなる発展を期待しています」と激励しました。また南海スチールの中野社長も今後も和歌山の企業として邁進していく姿勢を強調しました。

企業立地奨励金は施設が完成後、固定資産額が確定してからの算定になるため3年後の2022年からの適用となります。