和歌山市防災学習センターに防災アプリ体験コーナー(写真付)

2019年09月12日 18時13分 ニュース, 社会, 防災

和歌山市消防局3階にある学習施設「防災学習センター」に、防災に役立つ情報が得られる体験コーナーが設けられ、見学者らが自由に触れたりして学んでいます。

「防災アプリ体験コーナー」(9月12日・和歌山市消防局)

これは、全国的に多発している大規模な自然災害を、子どもにも扱いやすいスマホやタブレット端末向けの防災関連アプリを使い方ながらを実際に触れて学んでもらおうと、和歌山市消防局がこのほど設置しました。

体験コーナーには、タブレット端末が2台置かれ「和歌山県防災ナビ」や「避難所ガイド」といった、避難場所マップやハザードマップなどが検索できるアプリケーションが自由に操作できるようになっています。また、防災に関する情報が掲載された和歌山市消防局のウェブサイトも閲覧できるようになっています。

和歌山市消防局では「より多くの人に来館してもらい、家族でアプリの使い方を知って欲しい」と話しています。防災学習センターは、和歌山市八番丁(はちばんちょう)の和歌山市消防局3階にあります。