南海本線で人身事故利用客9千人に影響

2019年09月30日 18時02分 ニュース

きょう(30日)午前11時半ごろ、南海本線の泉大津駅と忠岡駅の間で人身事故があり、南海本線は一時運転を見合わせたためダイヤが乱れました。

南海電鉄によりますと、およそ1時間後運転を再開し午後1時ごろダイヤは正常に戻りました。この影響で列車50本が運転を取り止めたり、遅れが出ておよそ9000人の利用客に影響が出ました。