プロ野球ドラフト会議 和県内の高校球児3人指名(写真付)

2019年10月17日 23時27分 スポーツ, ニュース, 高校野球

プロ野球ドラフト会議がきょう(10/17)、東京都内のホテルで開かれ、和歌山県関連では、智弁和歌山の黒川史陽(くろかわ・ふみや)選手と東妻純平(あづま・じゅんぺい)選手、それに県立和歌山東高校出身で東北福祉大学の津森宥紀(つもり・ゆうき)投手の3人が指名されました。

チームメイトが作る騎馬に乗る智辯和歌山の2人

このうち、智辯和歌山高校の黒川史陽(くろかわ・ふみや)選手は、右投左打の内野手で、1年生の夏から3年生の夏まで5季すべての甲子園に出場し、2年生春の選抜大会では、6番セカンドとしてチームの準優勝に大きく貢献しました。ドラフト2巡目で東北楽天・イーグルスから指名を受けた黒川選手は、「2巡目での指名には驚きましたが、うれしいの一言です。自分の夢は、プロの世界で活躍することで、目標は日本人初の4割打者になること。何年もかかると思いますが、必ず達成したいと思います」と話しました。

記者会見する黒川選手(和市冬野・智辯和歌山高校で)

一方、強肩強打の捕手として、5季連続で甲子園に出場し、2年生の春には、準優勝を経験した智辯和歌山高校の東妻純平(あづま・じゅんぺい)選手は、ドラフト4巡目で横浜ディーエヌエー・ベイスターズの指名を受けました。東妻選手は、「素直にうれしいです。キャッチャーとして肩の力やフットワークを期待されていると思うので、そこをプロの世界でも確実にレベルアップし、最終的には正捕手になれるよう頑張りたい」と話しました。

記者会見する東妻選手

監督就任から1年余りの智辯和歌山の中谷仁(なかたに・じん)監督は、自身もドラフト会議で阪神タイガースから1位指名を受けて経験したプロ野球選手時代を踏まえ、「希望する進路に進めるのはうれしいことですが、ここからが勝負。私が活躍できなかった一軍のレギュラーで成績を残してもらいたい」とエールを贈りました。

2人にエールを贈る中谷監督(中央)

また、きょうのドラフト会議では、県立和歌山東高校出身で東北福祉大学の津森宥紀(つもり・ゆうき)投手が、ドラフト3巡目で福岡ソフトバンク・ホークスから指名を受けました。右サイドハンドからの力のあるストレートが武器で、2017年と18年の大学野球日本代表に選ばれた津森投手を高校時代に指導した県立和歌山東高校野球部の米原寿秀(よねはら・としひで)監督は「大学生になって、サイドスローから投げる強いボールに磨きをかけ、良い投手になりました。少しでも球団に貢献できるような投手になって欲しい」と話していました。

県立和歌山東高校野球部の米原監督

 

このほか、和歌山県内の高校と大学、県内の高校出身の大学生では、今回のドラフト会議に、県立橋本高校出身で大阪大谷大学の米田知弘(よねだ・ともひろ)投手、和歌山大学の田淵公一郎(たぶち・こういちろう)選手、県立和歌山東高校の落合秀市(おちあい・しゅういち)投手、慶風高校の角田涼馬(すみた・りょうま)投手の4人の選手も指名の対象となる「プロ野球志望届」を提出していましたが、指名からは漏れました。