【高校野球】秋の近畿大会、智弁和歌山1回戦突破

2019年10月20日 17時27分 ニュース, 高校野球

来年(2019年)春の選抜高校野球大会出場校を選ぶ、重要な参考資料となる秋の近畿高校野球大会は、きょう(20日)、奈良県橿原市(かしはらし)の佐藤薬品スタジアムで行われ、和歌山1位校の智辯和歌山は、大阪3位校の初芝立命館に8対3で勝ち、ベスト8に進出しました。

昨日の大雨で順延となった智辯和歌山対初芝立命館の試合は、智弁和歌山が3対3の同点から5回4点を挙げたあと8回に1点を追加し8対3で勝ちました。智弁和歌山は、次の試合で勝った奈良1位校で兄弟校の智辯学園と26日に対戦します。

和歌山2位校の和歌山南陵は、同じ26日の第1試合で京都1位校の京都翔英(しょうえい)と対戦します。