台風20号・温低化後も大雨や強風に注意

2019年10月21日 19時23分 ニュース, 社会, 防災

和歌山地方気象台は、日本の南海上にある台風20号の影響で和歌山県は大雨になるとして、あす(22日)にかけて土砂災害や浸水害、河川の増水のほか、うねりを伴った高波や強風に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、台風20号は、きょう(21日)午後3時には室戸岬の南にあって、1時間におよそ45キロの速さで北北東に進んでいます。中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径60キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

台風は、こんやには紀伊半島の南海上で温帯低気圧に変わる見込みで、台風から変わる低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れこむため、和歌山県ではあすにかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。これからあすにかけて予想される1時間の降水量は、いずれも多いところで、北部が40ミリ、南部は60ミリに達し、こんや6時からの24時間では、多いところで北部で100ミリ、南部は200ミリに達する見込みです。

また、あすにかけて予想される最大風速は、北部が陸上で13メートル、海上で18メートル、南部が陸上で15メートル、海上で20メートルに達し、海上の波の高さは北部で3メートル、南部が5メートルでいずれもうねりを伴う見込みです。

気象台は、土砂災害や浸水害、河川の増水、うねりを伴った高波や強風に十分注意するよう呼びかけています。あわせて、落雷や、竜巻などの激しい突風にも注意を求めています。