即位の礼正殿の儀で仁坂知事が祝福のコメント

2019年10月22日 15時27分 ニュース, 政治

天皇陛下が即位を宣言する[即位礼正殿の儀」がきょう(22日)が行われ、和歌山県の仁坂吉伸知事はお祝いのコメントを発表し、「心からお祝いを申し上げ、県民とともに奉祝できることを誠によろこばしく存じます」と述べました。

 

そして「天皇陛下はご即位以来、日本国と日本国民の統合の象徴として、上皇(じょうこう)陛下の御意志を受け継がれ、恒久平和を願われるとともに、常に国民に寄り添っておられます。この先続く令和の時代が、平成に続いて戦争のない、県民が笑顔で暮らせる時代となるよう知事として力を尽くしてまいります」と述べました。