豚コレラで県職員を埼玉県に派遣

2019年11月03日 10時35分 ニュース, 防災

先月(10月)30日、埼玉県本庄市(ほんじょうし)で豚コレラが発生したのを受けて和歌山県では農林水産省からの要請で県職員を派遣することになり、獣医師1人がきのう(2日)、埼玉に向けて出発しました。

派遣された県職員の獣医師は、きょう(3日)、豚コレラが発生した本庄市の農場の周辺で飼育されている豚が、豚コレラが感染していないかなどの検査にあたります。