和歌山県では11日朝から大気不安定に

2019年11月10日 10時40分 ニュース, 防災

低気圧や前線の影響で、和歌山県では、あす(11日)朝から夕方にかけて、大気の状態が非常に不安定になるとして、和歌山地方気象台では「気象情報」を発表し、激しい突風や落雷、急な強い雨、それに、ひょうに注意するよう呼びかけています。

それによりますと、あすは、低気圧が日本海を発達しながら東に進み、低気圧からのびる寒冷前線が西日本を通過する見込みです。また、近畿地方の上空には、この時期としては強い寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になることが予想され、激しい突風や落雷、急な強い雨、それに、ひょうに注意するよう呼びかけています。農作物や農業施設の管理にも注意を呼びかけています。