白良荘グランドホテル創業90年、WEBに歴史写真

2019年11月24日 17時36分 ニュース, 社会, 経済

白浜町の白良荘(しららそう)グランドホテルが、今月(11月)、創業90年を迎え、これを記念した宿泊や料理などの特別プランの提供などが行われています。

白良荘グランドホテルは、白浜町の白良浜(しららはま)に面したホテルの一つで、海に向かって右側にあります。

1929年(昭和4年)11月3日に白良荘として創業し、夏は避暑、冬は暖かな保養地として、白浜温泉を訪れる人たちの宿となりました。ホテルは当初木造で、1950年代には、バルコニー付きの3階建てに改装され、リゾートやレジャー、新婚旅行先として人気だった白浜への宿泊客を泊め、1968年(昭和43年)には、鉄筋6階建ての現在の建物に全面改修され、館内には、当時人気だったボウリング場もつくられ、名称も白良荘グランドホテルとなりました。1993年(平成5年)に全館リニューアル、2016年(平成28年)には、大浴場や客室の一部を改修、耐震改修も実施され、また、経営面では、1963年に、北炭(ほくたん)観光開発、現在のグランビスタ・ホテル&リゾートが運営するリゾート・ホテルのひとつとなっています。

こういったホテルの歴史とともに、観光地、白浜温泉の変遷が、ホテルの90周年特設ホームページで紹介され、創業当時の外観や客室、内湯から、ダンスホール、サンドスキー、かつて白浜にあったロープウェイなどの写真が掲載され、関心を集めています。