12月県議会・総額6億700万円増額補正へ

2019年11月26日 18時32分 ニュース, 政治

一般会計でおよそ6億700万円を増額する補正予算案などを審議する、12月定例和歌山県議会が来月(12月)3日に開会します。会期は19日までの17日間です。

今回提案されるのは、補正予算案3件と条例案件14件、その他の議案11件などとなっています。

一般会計補正予算案に含まれる主な事業は、カジノを含む統合型リゾート・IR誘致に関連して、区域認定された場合にどの事業者も同じ条件で土地を取得出来るよう、県が和歌山マリーナシティの土地を購入するための費用の2022年度までの4年間にわたる債務負担行為のほか、発生が相次ぐ豚コレラの感染防止のため、畜産試験場に野生動物の侵入防護策を設置したり、和歌山市にある紀北地区家畜保健衛生所の検査態勢を強化する事業にあわせて3700万円が計上されています。

このほか、ことし(2019年)の台風19号によるがけ崩れの修復や海岸に漂着した流木の撤去費用にあわせて6600万円あまりを盛り込んでいます。

条例案件では、県・人事委員会の勧告を踏まえて、知事や副知事、職員の月給やボーナスの支給割合を増やすための給与条例の改正案などが提案されます。