IR誘致・仁坂知事「500ドットコムは接触無し」

2020年01月14日 20時13分 ニュース, 政治, 社会

和歌山市の和歌山マリーナシティに、カジノを含む統合型リゾート・IRを誘致している和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、自民党の衆議院議員・秋元司(あきもと・つかさ)容疑者ら複数の政治家にわいろを贈ったとして元顧問らが逮捕された中国企業「500ドットコム」について「私の知る限りそんな業者は全く来ていない」と述べ、和歌山県との接触はないことを強調しました。

仁坂知事は、けさ(14日)の定例記者会見で、IR誘致を巡る汚職事件に関連して贈賄側の中国企業「500ドットコム」が和歌山県と接触があったかを聞かれ「世界中のまともな企業は殆ど来たが、500ドットコムとの接触は全くない」と答えました。その上で仁坂知事は新聞報道を見た印象として「IR選定地を3カ所から増やして欲しいというなら合理的な理由かとも思うが、それでも、いったい何なのかと思う」と述べました。

また、きょうの記者会見で、北海道に続いて千葉市もIR誘致からの撤退を表明したことについて仁坂知事は「よそのことはどうでもいい。誘致レースには全く影響がない。だいたい、この期に及んで誘致か撤退かで揺れている時点でどうかと思う。和歌山県は13年前から決め打ちでやっている」と述べました。