橋本市の神社で小豆がゆ炊いて豊作占い

2020年01月15日 20時06分 ニュース, 社会

橋本市の神社で、きょう(15日)小豆(あずき)がゆを炊いて、稲作が豊作かどうかを占う神事が行われました。

「管祭(くだまつり)」というこの神事は江戸時代中期から伝わるもので、きょうは夜明け前から、橋本市の隅田(すだ)八幡神社の本殿の前で、釜に米1升と小豆5合を入れて小豆がゆが作られました。

そして、このかゆを「わせ」「なかて」「おくて」と目印を付けた3本の竹の筒に入れ、煮えたぎる釜の中で炊いて20分ほどたってから引き上げました。

このあと、拝殿で中身を確認して入っていた米の量を見て占うと、ことしは「わせ」と「なかて」が豊作になるという結果になりました。

これと併せて、参拝した人たちには温かい小豆がゆと甘酒が振る舞われました。