印南町議会議員補欠選挙で、木村氏初当選

2020年02月09日 21時07分 ニュース, 政治

議員辞職に伴う欠員1の印南町議会議員補欠選挙の投票が、きょう(9日)行われ、即日開票の結果、無所属・新人の木村栄一(きむら・えいいち)候補が初当選しました。

印南町選挙管理委員会が、午後8時50分に発表した確定得票数は、当選,木村栄一(きむら・えいいち)候補、無所属・新,2341票
丸山則枝(まるやま・のりえ)候補、無所属・新,1509票でした。投票率は56・80%、当日有権者数は、6940人でした。

今回の補欠選挙は、現職議員1人が県議会議員選挙に立候補するため辞職したことに伴い、行われたもので、欠員1に対し、2人が立候補し選挙戦となりました。

一方、同じ今月(2月)4日に告示された、任期満了に伴う印南町長選挙は、現職の日裏勝己(ひうら・かつみ)町長のほかに立候補者はなく、無投票で3回目の当選を果たしました。