【新型コロナ】県内感染2例目・70代農業男性(写真付)

2020年02月14日 16時20分 ニュース, 社会

和歌山県は、きょう(14日)70代の農業の男性が、新型コロナウイルスに感染したと明らかにしました。県内での感染は2人目となります。

2人目の感染を発表する仁坂知事(左)ら(2月14日・和歌山県庁)

県によりますと、この男性は湯浅保健所管内に住む70代の農業の男性です。男性は今月(2月)1日に風邪とおう吐の症状があらわれ、地域の医療機関を受診しましたが、5日に37度9分の熱が出たため、6日に済生会有田(ありだ)病院を受診し、肺炎と診断され入院しました。その後も熱が下がらず、新型コロナウイルスの感染が疑われたため、きのう(13日)別の医療機関に転院してウイルス検査をしたところ陽性反応が出ました。

男性は重症で人工呼吸器を付けた状態です。男性が発病前の14日間に中国などの渡航歴があったかどうかはわかっていません。

県内では、きのう、済生会有田病院の50代の男性外科医が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたが、県では、男性は内科を受診し、この医師と接触した可能性は低く、院内感染ではないという見方を示しています。

このほか、済生会有田病院の別の男性外科医や、内科を受診した男性患者と70代の女性患者についてもウイルス検査を行っていますが、女性患者は陰性と確認され、のこる2人についても県が確認を急いでいます。

加藤厚生労働大臣は、きょうの記者会見で、和歌山県で医師が新型コロナウイルスに感染したことを受け「院内感染に十分対応していく必要がある。専門家を派遣する準備を進めている」と述べました。