有田市立病院・有熱者外来の状況(写真付)

2020年02月25日 19時36分 ニュース, 政治, 社会

湯浅町(ゆあさちょう)の済生会有田病院で新型コロナウイルスの集団感染が発生したこと受け、有田(ありだ)市立病院では、感染による発熱が疑われる人の診療や相談に応じる有熱者外来を設置し、今月(2月)17日からきょう(25日)までに40人あまりが訪れたことがわかりました。

有熱者外来の案内掲示(2月25日・有田市立病院)

有田市立病院では、一般の外来患者の感染防止のため、今月17日に有熱者外来を設置し、病院の事務局によりますと、ピークは開設翌日の今月18日火曜日で、およそ15人が訪れました。

その後も1日あたり10人前後が訪れているということですが、これまでに感染者は確認されていません。病院では「済生会有田病院関連の感染が落ち着きをみせつつあるので、このまま終息に向かって欲しい」と話しています。

病院の設置者で有田市の望月良男(もちづき・よしお)市長は「有田市内で感染が発生しないようにできる限りの対策をとっている。病院は本当に一生懸命にやっている。こういう時こそ使命感をもって取り組むことで公立病院の役割を果たしたい」と話しています。