松源・大阪の熊取店でも移動スーパー開始

2020年03月16日 19時38分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市に本店を置き、県内や大阪、奈良などでスーパーマーケットや、軽トラックによる移動スーパー事業を展開する株式会社松源(まつげん)は、きょう(16日)から、大阪府熊取町(くまとりちょう)の店舗でも移動スーパー事業をスタートしました。

新たに移動スーパー事業をスタートしたのは、松源・熊取五門店(くまとり・ごもんてん)です。

松源では、徳島県を拠点に全国で移動スーパーを展開する株式会社とくし丸と提携して、去年(2019年)から和歌山市の和歌山インター店と西浜店(にしはまてん)ですでに移動スーパー事業に取り組んでいて、3カ所目となる熊取五門店は、県外で初めてとなり、熊取町をはじめ、隣接する泉佐野市と貝塚市の一部をエリアとしています。

冷蔵設備のある軽トラックに生鮮食品や日用品などを詰め込み、店の周辺の顧客を対象に電話一本で移動販売に向かうサービスで、買い物難民対策のほか、地域のお年寄りの見守りにも貢献します。

松源では「この事業を通じて、地域に貢献したい」と話していて、今月(3月)25日には、和歌山市の松源・吉礼(きれ)駅前店でも移動スーパーサービスを始める予定です。